イメージ画像

性病やがんが気になる方へ

あなたは、性病(性感染症/STD)やがんについて、どんなイメージをお持ちでしょうか?

「わたしには関係ない」「健康に気を付けているから大丈夫」とお考えかもしれません。

でもこれらの疾病は、性別・年齢にかかわらず、どなたにでも発症するリスクがあります。
発症リスクや罹患の有無などについては、専門の医療機関で診察や検査を受ければ判明します。

もしも感染・罹患していた場合・・・・

残念ながら、自然に治癒する見込みはかなり低いでしょう。

体力に自信があったとしても、自分なりに食事や運動・休息に気を配ったとしても、
風邪を引いた時のように、日にち薬(時間経過)によって、症状が改善されるケースはごく稀です。

「自然に治る、自分で治す」というケースを、期待するべきではありません。

ちなみに、あまり詳しくない方が、「薬局で市販のお薬やクリームを買ってきて服用する(塗布する)」のも、おススメできません。

まずは病院やクリニックで診察を受ける。そして、医学的な、適切な治療を受けて治すのが一般的です。

冬のカップル画像

身に覚えがある方、
漠然とした不安を抱えている方もいらっしゃる事でしょう。

仮に不快や痛みを伴う自覚症状が無かったとしても・・・

無自覚・無症状が長く続く性病・感染症も存在します。

(たとえば、クラミジア/HIVのように。)

つまり、自分自身で「気付きにくい」時もあると言う訳です。

「思い当たる節、身に覚え」がある方は、要注意でしょう。

普通の病気とは、ちょっと違うから…

恥ずかしい、面倒、多忙、適当なクリニックが見つからない・・・などの理由で、
気になっていても、なかなか診てもらう機会がない、病院へ行けない・・・そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

性病を調べてもらうために、泌尿器科や性病科・産婦人科などへ行くのは、不調不快の原因をハッキリさせるためとはいえ、誰しも確かに気が引けますよね。

からだのデリケートな部分を他人に見せるのは、(たとえドクターに対してであっても)気恥ずかしいものです。それに、プライバシーを覗かれるような不快な感覚もあります。

そして言うまでもなく、がん検査の受診は、誰だってとても緊張するものです。

普通の病気とは、ちょっと違うから…わかります、その気持ち。

「悪い結果」を知りたくない、先送りの気持ちも生じるでしょう。

カップル画像1

出来るだけ早い時期に診察や検査を受けるべきでしょう

でも・・・・もしもの事を考えると、そうも言っていられません。

一般的な普通の病気とは、ちょっと違うからこそ、
不安や思い当たる節があるのならば、勇気を出して、「出来るだけ早い時期に」受診すべきではないでしょうか。

なぜならば、いつまでも適切な検査や治療を先延ばしにしていると、
取り返しの付かない重大な事態を招くリスクがあるからです。

自分自身の健康や将来が脅かされるのは勿論の事、知らず知らずのうちに、 パートナーや家族にうつしてしまうケースも起り得ます。
あなたの「大切な人たち」が、辛い悩みや苦しみを抱える事になるかもしれないのです。

また、ご存知のように、「がん」は、早期発見・早期治療が最も大切です。

カップル画像2

在宅で受けられる!郵送検査キット

あの時、病院へ行っておけば良かった。調べておけば良かった・・・orz

悩む男性の画像

後から悔やんでも悔やみ切れない事態に陥る事だけは、なんとしても避けたいものです。

手遅れは禁物。

ほんの少しでも気がかりな方は、早めに医療機関で診察を受けるべきでしょう。

そして・・・・

イメージ画像

恥ずかしい思いをせずに検査を受けたい、時間と手間をかけずにチェックしたい、お金をかけずに格安に済ませたい、誰にも内緒にして調べたい、・・・・とお考えの方にご紹介したいのが、
匿名で利用可能な検査キットです。

それは、自宅で採取した検体を専門機関に送って、高品質な検診を受ける事が可能な、
郵送検査のシステムです。

郵送されるキットの例です。

次のようなお悩みをお持ちの方は、注目してみてはいかがでしょう。

  • おりものの状態がいつもと違う。性器部やのどに痛みや痒みを感じる。湿疹やオデキみたいなものがある。
  • 性行為に関して思い当たる節がある。恋人(パートナー)に性病をうつされたかもしれず心配している。
  • 相談出来る人が居ないので悩んでいる。でも、家族や友人に知られると恥ずかしいかも。
  • 病院へ行くのはちょっと面倒で気が重い。忙しくてクリニック等へ行く時間が取れない。
  • 保険証を使いたくない。何科で診察を受ければ良いのか分からない。料金が高そう。
  • 性病(STD)や、がんにかかっていないか不安。周囲の人にばれない様に匿名検査を受けたい。
  • 結婚するのでブライダルチェックを受けたい。パートナーと一緒に検査を受けてみたい。

利用方法のあらまし

検査キットで自己採取した「検体」を郵送して、専門機関で調べてもらえます。

医療機関に匹敵するとされる、クオリティーの高いチェックを受ける事が出来ます。

性感染症、HIV(エイズ ウイルス)、B型・C型肝炎、がん他の、気になる症状(発症リスク)をチェック出来ます。


システム(利用方法)

イメージ画像

  1. 検査キットは通販で購入が可能です。
  2. 指定した住所に商品が配達されます。プライバシーに配慮した丁寧な梱包で届きます。
  3. 同封の採取キットで自宅で検体(超微量の血液・細胞等)を採取。その方法は簡単です。
  4. 採取した検体を郵送。申込書等に名前・住所等の個人情報を記入する必要はありません。
  5. 検体の検査は、国や都道府県の認可を受けた登録衛生検査所で行なわれます。
  6. 検査結果の確認は、パソコン、スマホ、携帯、郵送(書類)にて、簡単に行えます。

利用するメリットは?

イメージ画像

  • リーズナブルな費用(キット料金と送料のみの格安さ)で、性病等の診断が受けられます。
  • 健康保険証を使用する必要がなく、病院へ行く手間や時間が掛からないので楽で便利です。
  • 健康保険の適用範囲外となっている検査を、割安の費用で受ける事が出来ます。
  • 自宅に居ながら精度の高い検診を匿名で受ける事が出来ます。
  • スピーディーに結果が分かります。(最短で検体到着の翌日)
  • 結果を、誰にも知られずに確認できます。(匿名性・プライバシーの保護)

多彩なバリエーションから選べます

イメージ画像

  • 単種目用とセット(複数種目用)の商品があります。
  • 調べたい性病(STD)等が明確な場合は、その専用キットを利用します。
  • 色々な病気を調べたいい場合は、セット商品を利用します。
  • セットには、様々な組み合わせのキットが用意されています。
  • からだの症状や不安な事柄に応じたサービスを選ぶ事が出来るでしょう。
  • ちなみに料金は、単品よりも、セット商品のほうが割安感があります。

検体の自己採取について

カップル3

  • 検体の採取はどなたでも行なえます。難しいテクニックは必要ありません。
  • 画像や動画つきの、分かりやすいマニュアルが提供されています。
  • 採取物には、血液、細胞(擦過物)、うがい液、痰、尿、便などがあります。
  • 検査する性病や疾患の種類によって、採取するモノが若干異なります。
  • 例えば、HIVやC型肝炎は指先の血液、子宮頸癌は膣内擦過物を採取します。
  • 採取方法・使用器具は、衛生面や安全面に配慮されています。
  • 採取物は、同梱の封筒等で郵送するだけでOKです。

ブランド(メーカー)のご案内

当サイトでは、3つの国内ブランド(メーカー)のサービスをご紹介しています。

  • テレビ・雑誌等のメディアにも取り上げられる事もあるメーカーです。
  • 料金的には、各メーカー間での大きな開きはありません。
  • 検査器具の二次使用(再利用)は行われていないとの事です。
  • フリーダイヤル(コールセンター)等による対応が行なわれています。
brand about
STD研究所
もし自分が罹患している病名が分からないとしても直感的に商品が探せるホームページ構成です。HIVエイズの他、性病予防法に関する情報も豊富で参考になります。
KENSA.BIZ
母体は医療法人です。運営しているクリニックでの医療経験・臨床データを活かした検査システムです。
GME医学検査研究所
大学との共同研究により高品質なサービスを提供しています。団体割引も実施されています。
カップル2

自分のからだの事は、自分自身でよく知っておくべきです。
また、自分のからだは、まずは自分自身で守るよう気を付けるべきです。

でも、医療の専門家ではない私たちが、
なんとなく自己判断や、過剰な思い込みをするのは禁物ですよね。

心配なとき、気がかりなとき・・・・
大切な家族やパートナーのためにも・・・・

在宅で簡単に性病(性感染症:STD)やからだの異変を調べる事が出来る、
郵送式の検査キット・サービスを活用してみてはいかがでしょう。

このページの先頭へ